司書

「司書」ってなに?

 

図書館で働く人を司書または、図書館司書と呼びます。司書とは、図書館法で定められた資格であり、国家資格になります。

 

図書館には司書と、それ以外の職員が働いていますので、ハタから見ると誰が司書で、それ以外の職員が誰なのか分からないこともりますが、図書館で専門的な仕事をするために必要な資格になります。

 

司書にはさまざまな仕事がありますが、一言で表すと、図書館にある膨大な資料(本・雑誌・CD・DVDなど)と、利用者を結ぶ「橋渡し的」存在だといえるでしょう。

 

当サイトでは、司書資格の取得方法から始まり、仕事内容や図書館を取り巻く環境、今後の動向なども含めて、わかりやすく解説しています。

 

「司書」になるためには

 

司書資格を取得する方法は、大きくわけて3つあります。

 

@大学(短大を含む)または、短期大学の卒業生が司書講習を修了して資格を取得する。
A大学・短期大学で司書資格に必要な単位を履修し、資格を習得する。
B3年以上の司書補を経験し、司書講習を修了して資格を得る。

 

@に関しては、
大学の通信教育を受講すれば、働きながらの自宅学習でも資格を取ることができます。

 

現在、別の職場で働きながら資格の取得を目指すのであれば、こちらの方法を利用するのがもっとも効率的な方法だと言えるでしょう。

 

求人では、「司書」の資格が条件になっているところもたくさんありますし、仮に無条件だったとしても、有資格者が採用される割合のほうが大きいです。

 

大好きな本に囲まれながら仕事がしたいと思うのであれば、やはり司書資格を取得するのがベストな選択だと言えます。

 

図書館司書 学校を選ぶポイント

 

司書の資格を取得できる学校はいくつもあるので、どれを選べばいいのか迷ってしまうこともあると思います。

 

自分に合わない学校やカリキュラムを選んでしまうと、高い受講料を払ったのに結果が出なかった、続けていくことができなかった、などといったことも起こり得ます。そうならないためにも、慎重に選ぶ必要があります。

 

申し込む前に、最低でも以下の項目はチェックしといたほうがよいでしょう。
講座・学校を選ぶ際の参考にして頂ければと思います。

 

@講座・カリキュラムの特徴
A費用
B学習期間
C添削の有無・回数
D学習ペース
E教育訓練給付制度に対応しているか 
※修了後、国から受講料の20%が支給される制度

 

これらのポイントを必ずチェックしてから、申込みをするようにしましょう。

 

しかし、複数の学校でこれらの点をすべて調べて、それぞれを比較するのは、時間も手間もかかってしまいます。そんな方のために、簡単に司書の通信教育を受けられる学校を一括で比較できるサービスがあります。

 

資料の請求は無料ですので、複数ある学校の中から自分にあったものをいくつかピックアップをして、資料をよく読んだうえで、申込をするとよいでしょう。

 

資格を取得するかどうか悩まれている方にもおすすめです。送られてくる資料に目を通すだけでも、新しい発見があると思います。

 

図書館司書の資格を取得したい方におすすめ

「ブラッシュアップ学び」は、年間10万人以上が利用する、スクール情報量No.1の通信講座専門サイトです。
図書館司書の通信教育は6件あり、料金やカリキュラム内容の比較が簡単にできます。
資料には無料とは思えないほど役立つ情報が豊富に掲載されており、特に体験談や現場で働く司書のインタビューは、検討中の方にとても参考になると思います。

詳しくはこちらをクリック詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

近年、IT化が進み、10年、20年前と比べ司書の仕事も大きく変化してきました。そしてこれから先も変わり続けていくことが予想されます。利用者の情報やデータ、資料の保管、新しい資料の入荷などすべてコンピュータで管理する時代がやってきたのです。これによって司書の仕事は昔に比べ劇的に効率化が進み、膨大な資料やデータをまとめる負担も少なくなりました。ですから、図書館で働く司書にとってコンピュータやパソコンを扱う技術が今まで以上に求められているといってもよいでしょう。昔は図書館がユーザーに提供する情報も書籍だけでしたが、今はCDやDVD、インターネットまで幅広く扱うようになりました。日本では著作権の問題等でまだまだ普及はしていませんが、海の向こうのアメリカやヨーロッパでは、電子書籍などがもの凄い勢いで発達しているのも事実です。近い将来、図書館は本を「借りる」場所ではなく、利用者が「情報が入ったデータ」をダウンロードする時代がやってくるかもしれません。しかしその反面、ITの波が押し寄せ、テレビゲームやインターネットの普及により若者の活字離れが問題になっているのも事実です。図書を扱う司書にとっても決して他人ごとではありません。インターネットは手軽に情報を収集するにはとても便利ですが、情報の正確性や特定分野の情報量においては、まだまだ本には及ばないと思います。子供の人間性を育むための絵本の読み聞かせも、大事な親子のスキンシップだといえるでしょう。現在、図書館の求人は常に募集をしている所はかなり珍しく、求人数も少ないのが現状です。退職者がいなければ採用もありませんし、欠員補充で稀に採用を行っている自治体がほとんどです。司書資格を持っているからといって、就職ができるとは限りません。それに加えて、財政削減のために正職員の雇用から派遣や嘱託、アルバイトに切り替えている図書館もあります。しかし、本の重要性を伝えていくには情熱をもった若い世代の司書の存在が不可欠なのです。当サイトが、これから司書の資格を取り、図書館で働きたいと考えている方のきっかけになれたなら幸いです。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ