司書

図書館司書になるには?

司書とは?

図書館司書女性の写真

図書館で働く専門職員を司書、または図書館司書と呼びます。

 

司書は、図書館法で定められた国家資格であり、図書館で専門的な仕事をするために必要な資格です。

 

司書は、図書館を利用者さんにとってより快適で素敵な空間にするため、本の配架や広報活動、レファレンスやイベントの企画・運営など、日々さまざまな業務をおこなっています。

 

司書を一言で表すなら、図書館にある膨大な資料と、利用者さんを繋げる「橋渡し」的な存在だと言えるでしょう。

 

司書になるには?

司書になるには、大学または短大で資格を取得後、各自治体などが実施する採用試験に合格する必要があります。

公共図書館のケース

プロセス1
プロセス2
プロセス3

 

国立大学図書館のケース

プロセス1
プロセス55
プロセス5

 

国立国会図書館のケース

プロセス1
プロセス6

 

私立大学・企業・その他団体のケース

プロセス1
プロセス8

 

司書資格を取得するには?

資格の取得方法は以下3つです。

 

大学・短大の卒業生が司書講習を修了する

毎年7月〜9月にかけて、全国の指定大学で実施される司書講習を受講、修了することで資格を取得できます。

 

最も短期間で取得できるメリットがある一方で、約2ヶ月間は大学に缶詰状態となってしまいます。

 

学生さんなど、比較的時間の融通がきく人じゃないと受講は難しいでしょう。

 

大学・短大で必要な単位を履修する

通学はもちろん、通信教育でも単位の習得が可能です。

 

通信教育の場合、自宅学習のみでもOKなので、社会人で別に仕事を続けながら目指す方や、司書課程のない大学・短大に通われている方などは、こちらの方法になります。

 

3年以上の司書補勤務後、司書講習を修了する

既に3年以上、司書補として働いた実績がある方が対象になります。

 

資格を取得するメリット

ノートとペンの写真

原則、資格が無くても図書館で働く事はできますが、あくまでそれは図書館のいちスタッフであり、当然「司書」とは言えません。

 

図書館の求人案件をみても、採用条件が資格必須となっていたり、仮に必須でなかったとしても、採用の際は有資格者の方が有利に働くのが現状です。

 

ご存知の通り、図書館の求人は非常に人気があり、募集があると応募者が殺到します。

 

アルバイトやパートであっても倍率5〜10倍は当たり前の世界、なんと100倍以上になることもあるそうです。

 

狭き門をくぐり抜け、大好きな本に囲まれて仕事をしたいと考えている方は、少しでも不利な条件を減らすためにも資格は取得しておいた方がよいと思います。

 

司書資格を取得したい方におすすめ

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ
「ブラッシュアップ学び」は、大学や専門学校に特化した一括資料請求サイトです。国内の主要な通信制大学はほぼ網羅されており、学習カリキュラムや料金を一覧で比較したり、まとめて資料請求もできるので便利です。無料で送られてくる資料には、コースの紹介や料金表だけでなく、実際に資格を取得した人の体験談、現場で働く司書のインタビュー記事、卒業生の就職実績などが豊富に掲載されていて、学校選びの際にとても参考になります。

 

資料を請求するボタン

 

大学&大学院選びに失敗しないポイント

図書館の写真

司書の資格を取得できる大学は全国にいくつもあるので、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

中には、自分に合わない学校を選んでしまい「高い受講料を払ったのに、結局資格が取得できなかった…」「仕事と学業の両立が難しく、途中で諦めてしまった…」という方も少なからずいます。

 

そういった事態を避けるためにも、学校は周りの評判や何となくで決めるのではなく、しっかりとしたステップを踏んで自分に合った学校を選ぶことが大切です。

 

学校を選ぶ際に気をつけるべきポイント

まずは以下の項目をチェックしましょう。

 

学習カリキュラム

通信教育を利用する場合、年数回のスクーリング(面接授業)が義務付けられている学校と、スクーリングも一切無し・自宅学習のみで資格の取得が可能な学校の2通りがあります。必要となる単位も異なりますので、事前によく確認しておきましょう。

 

学習費用

司書の通信課程は、安い学校で約10万円、高い学校で約50万円ほどの受講料になります。既に大学・短大を卒業している方であれば、単科生として不足単位のみの履修でOKなので、さらに安くなるケースもあります。

 

学習期間・学習ペース

標準学習期間が、最短半年〜2年以上もかかる大学まで学校によって異なります。自分のライフスタイルと照らし合わせ、無理なく学べる学校を選択しましょう。

 

サポートの充実度

学習面のサポート以外にも、カリキュラム修了後、就職先を優先的に斡旋してくれる「就職サポート」などに力を入れている大学も増えています。卒業生の就職実績は、講座の案内資料などにすべて記載されていますので必ず確認しましょう。

 

教育訓練給付制度の対応

教育訓練給付制度とは、講座修了後、国から受講料の20%が支給される制度です。こちらの制度は、厚労省が認定する講座のみが対象となりますので注意が必要です。

 

大学を比較する際に便利なサービス

自力で司書課程のある大学をすべて調べ、上記チェックポイントをすべて確認、さらに比較をして絞り込んでいく作業は時間も手間もかかって大変です。

 

そんな時に、「ブラッシュアップ学び」のような司書課程(通信)のある大学を一覧比較&一括資料請求できるサイトが役に立ちます。

 

実際に「ブラッシュアップ学び」を利用してみました♪

司書大学案内資料の写真

ブラッシュアップ学びを利用して、大学の資料を一括請求しました。

 

問合せから数日後、年間1,000人以上の社会人が受講する人気の学校「近畿大学」、最短1年で資格取得が可能な「玉川大学」、スクーリング一切不要の「八洲学園大学」など、計10校から資料が送られてきました。

 

一括資料請求サイトは、複数の大学を比較したり、まとめて資料を請求できる点が便利ですが、他にも煩わしい営業電話などが全く無かった点も、私的にはポイントが高かったです。

 

自宅に資料が届いたら…

資料の請求はすべて無料なので、まずは出来るだけ多くの大学の情報を収集し、資料をパラパラとめくってみましょう。

 

中を開くと、思った以上にイラストや写真も豊富に使われていて、とても分かりやすく司書のなり方資格の取得方法などについて解説されていました。

 

本当に雑誌感覚で楽しめながら読めちゃうので、特にストレスなくそれぞれの大学の特徴について理解できると思います。

 

全ての資料にザッと一通り目を通したら、その中でも特に惹かれた大学を直感で構わないので2つか3つピックアップして、実際に体験授業や説明会に参加してみることをおすすめします。

 

体験授業や説明会では、学校の校風や授業の雰囲気、立地条件なども確認できるので、スクーリングの下見感覚で参加するとよいと思います。

 

また最近では、eラーニングを積極的に導入している大学も増えていて、パソコンとネット環境さえあれば体験授業や説明会に自宅からでも気軽に参加できるものもあります。

 

現在、資格を取得するかどうか悩まれている方は、送られてくる資料に目を通すだけでも新しい発見があって楽しいと思いますよ。

 

図書館司書の資格を取得したい方におすすめ

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ
「ブラッシュアップ学び」は、大学や専門学校に特化した一括資料請求サイトです。国内の主要な通信制大学はほぼ網羅されており、学習カリキュラムや料金を一覧で比較したり、まとめて資料請求もできるので便利です。無料で送られてくる資料には、コースの紹介や料金表だけでなく、実際に資格を取得した人の体験談、現場で働く司書のインタビュー記事、卒業生の就職実績などが豊富に掲載されていて、学校選びの際にとても参考になります。

 

資料を請求するボタン

通信制大学を比較するボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

近年、IT化が進み、10年、20年前と比べ司書の仕事も大きく変化してきました。そしてこれから先も変わり続けていくことが予想されます。利用者の情報やデータ、資料の保管、新しい資料の入荷などすべてコンピュータで管理する時代がやってきたのです。これによって司書の仕事は昔に比べ劇的に効率化が進み、膨大な資料やデータをまとめる負担も少なくなりました。ですから、図書館で働く司書にとってコンピュータやパソコンを扱う技術が今まで以上に求められているといってもよいでしょう。昔は図書館がユーザーに提供する情報も書籍だけでしたが、今はCDやDVD、インターネットまで幅広く扱うようになりました。日本では著作権の問題等でまだまだ普及はしていませんが、海の向こうのアメリカやヨーロッパでは、電子書籍などがもの凄い勢いで発達しているのも事実です。近い将来、図書館は本を「借りる」場所ではなく、利用者が「情報が入ったデータ」をダウンロードする時代がやってくるかもしれません。しかしその反面、ITの波が押し寄せ、テレビゲームやインターネットの普及により若者の活字離れが問題になっているのも事実です。図書を扱う司書にとっても決して他人ごとではありません。インターネットは手軽に情報を収集するにはとても便利ですが、情報の正確性や特定分野の情報量においては、まだまだ本には及ばないと思います。子供の人間性を育むための絵本の読み聞かせも、大事な親子のスキンシップだといえるでしょう。現在、図書館の求人は常に募集をしている所はかなり珍しく、求人数も少ないのが現状です。退職者がいなければ採用もありませんし、欠員補充で稀に採用を行っている自治体がほとんどです。司書資格を持っているからといって、就職ができるとは限りません。それに加えて、財政削減のために正職員の雇用から派遣や嘱託、アルバイトに切り替えている図書館もあります。しかし、本の重要性を伝えていくには情熱をもった若い世代の司書の存在が不可欠なのです。当サイトが、これから司書の資格を取り、図書館で働きたいと考えている方のきっかけになれたなら幸いです。

更新履歴