レファレンス・サービス

レファレンス・サービス

 

図書館利用者からの質問に対して、適切に回答をするのがレファレンス・サービスの主な仕事です。ここで言う利用者からの質問のほとんどは文献に関するものになります。文献についての質問に正確に答えるためには、本や文献のリストである書誌や目録を利用します。

 

ですからレファレンス・サービスを担当するためには、書誌や目録に関する知識は欠かせません。また現在では、そういった書誌や目録類がインターネット上に公開されているので、より能率的にサービスを提供することができるようになりました。

 

レファレンス・サービスの業務内容

 

レファレンス・サービスと一言で言っても、様々な活動がおこなわれています。その中でも、レファレンス・サービスは「直接的サービス」と「間接的サービス」に分けられます。

 

直接的サービス

 

直接的サービスとは、図書館の利用方法や図書館に所蔵してある文献・情報の検索方法を利用者に対して指導したり、情報そのもの、またはそれに結びつく文献の紹介などがあげられます。

 

例えば、「坂本龍馬」について知りたいと考えている利用者が司書に、「歴史に関する資料はどこか?」「坂本龍馬に関する文献を探している」と尋ねた際に、歴史に関する資料の配架場所を案内したり、坂本龍馬について詳しく書かれている文献を紹介したりします。

 

さらに「坂本龍馬は何時代の人なのか?」「坂本龍馬と同じ時代に活躍した偉人を教えて欲しい」と尋ねられた際にも、スピーディーに人名事典などを用いて坂本龍馬は江戸時代末期である、と即答したり、その時代に活躍した勝海舟や西郷隆盛といった偉人に関連する書物を紹介したりするような柔軟な対応が求められます。

 

また自分が勤務する図書館に利用者が求めている適切な情報源がない場合には、同県内または全国の図書館に所蔵されている資料・文献の中から探すことも少なくないでしょう。

 

間接的サービス

 

間接的サービスとは、「直接的サービス」をおこなう上で適切な回答を利用者に対してするための準備を指します。辞書・事典・目録・索引類を整理して検索しやすい状態にしておくことや、文献リストなどのツール作成も重要な仕事です。

 

他にも資料の複写サービスや資料のレンタル業務などもこの間接的サービスにあげられます。ただしどちらの業務についても言えるのですが、能力的、物理的、規約上の問題から利用者が求める情報に対して司書がすべてを適切に回答するのは難しいでしょう。

 

例えば、記録文献や過去資料が全く残っていない場合(一部の研究施設のみが保管しているケースなど)には、いくら有能な図書館司書であっても答えることはできません。また、国家機密や個人的なプライバシーの開示、人生相談や法律相談などももちろん司書がおこなうべきレファレンス・サービスにはあたりません。