図書館司書

図書館司書の資格|図書館以外の勤務先

現在、図書館司書の資格取得者は、毎年10000人以上にも上り、さまざまな資格の中でも、最も高い人気を保っています。

 

その一方で、大学の営利目的による資格の乱発、などの批判を受け、また、有資格であるだけでは図書館への就職は不可能なことも、周知の事実となっています。

 

就職が困難な例としては、公共図書館が挙げられます。身分の安定した公務員として、公共図書館のスタッフとなることは、図書館司書の有資格者が、最も希望するところでしょう。

 

ところが、公共図書館への就職希望者にとって、強い逆風となっているのは、図書館業務のアウトソーシング化です。

 

さらに、公共図書館の職員となるためには、自治体ごとの公務員採用試験への合格が必要ですが、年々、採用枠が狭められており、受験者の倍率は数10倍にもはね上る狭き門となっています。

 

また、国立国会図書館のように、必ずしも図書館司書の有資格者を採用の条件とせず、独自の採用試験を実施している図書館もあります。

 

現在、アウトソーシング化は、公共図書館だけでなく、大学図書館や学校図書館にも及んでいます。

 

年度を追うごとに、指定管理者とされる委託管理会社に移管される例が増え続けていることから、図書館への就職を諦めて、委託管理会社への就職や、派遣会社への登録によって、図書館に勤務する有資格者も増加しています。

 

問題は、非正規雇用が圧倒的だということ。時給では1000円、月給でも190000円(諸手当含む)の給与は、人によっては、生活を営む上でのネックになるでしょう。

 

委託管理会社にせよ、派遣会社にせよ、求人を見る限り、そのほとんどが、有資格者を求めていることはたしか。勤務先は、まったくないわけではないのです。

 

図書館への就職をあきらめ、他業種への就職などで、司書課程で学んだ情報収集能力やリテラシーを駆使して活躍する人も少なくありません。

 

図書館司書資格は役に立たないなら取得を止めよう、と考えるのは、早計だと言えるでしょう。何よりも、図書館司書は、本好きの人にとってとてもやりがいのある仕事なのです。