公共図書館 図書館司書

公共図書館で図書館司書として働く魅力

公共図書館で、図書館司書として働く魅力とは何でしょうか?図書館に配属された人の中には、図書館だけは勘弁して欲しい、と去っていく人がいる一方で、図書館の仕事に愛着を持ち、仕事に励んでいる人が数多くいます。

 

利用者との触れ合いはもちろん、レファレンスの際にも、いろいろと駆けずり回って、調べてやっとの思いで本を見つけた、あの時の気持ちは何にも代えがたい喜びです。

 

また、図書館にはいろいろな子供達がやって来ます。赤ちゃんから、靴を脱いで走り回る幼児、生意気盛りの小学生から、思春期にさしかかった少年、少女まで、子供という一言では言い表せないくらい、幅広い層の子供達がやってきます。

 

成長期真っ盛りの彼等は、素晴らしい速度で進化をしており、彼等の成長段階をきちんと理解したうえで、奉仕のサービス対象として考えなければなりません。

 

子供を本を結びつけること、本との出会いを創出することが、図書館司書には求められており、「本は面白い」「読書は楽しい」「学ぶことが好きだ」といったメッセージを子供たちに伝えていく必要があります。

 

私は、公共図書館であれば、サービスエリア内の全ての児童に、これを伝えていく責任があると考えています。特に、幼児、小学生くらいまでの子供については、保護者や学校の現場にも繰り返し伝えていくことが大切です。

 

子供に普段から絵本を読んであげたり、お話をしてあげたり。具体的には、「絵本の時間」や「お話会」などのイベントを開催して、手遊びや歌あそびを通して絵本読みやおはなしを定期的に続けるといったように、通常の公共図書館では活動をしています。

 

継続的におこない、本の中身を紹介していく。この際に、読み手自身が面白いと感じる本を選書することが大切です。

 

幼い時期に、しっかりと本を楽しむ能力を獲得した子供たちは、大人になってからもきっと本を読む習慣を身につけるでしょう。本の中には、面白い内容がたくさんあります。まだまだ自分の力で充分にそれを楽しめない子供たちに、魅力を伝えていくことが絵本よみや、お話の際に求められる能力です。

 

他にも、手作り会や紙芝居、人形劇、子ども会などを開催して、子供たちに「図書館は面白い場所である」と印象づける活動をするのも、図書館司書の大切な仕事なのです。