図書館司書 1日

図書館司書の1日のスケジュール

図書館司書として働く事になれば、一日の動きなどは気になるところだと思います。

 

イメージでは割りとのんびりした雰囲気だと考えるかもしれませんが、実際はどのような動きをするのかどうか、ここでご紹介しようと思います。

 

とある図書館司書の一日

早速、とある図書館司書の方の一日を覗いてみたいと思います。これはあくまでも一例ですので、参考程度にご覧ください。

 

午前中
〜9時

・出勤したら朝礼を行います。業務連絡などで本日の予定を確認します。

・開館の準備を行います。

・新聞を今日のものに差し替え、返却ポストの中の本の手続きを行います。

・間違ったところに配置されている本があれば、正しいところに戻します。

・図書館の玄関の掃除を行います。

 

9時〜12時

・開館したら、利用者の方への貸し出しや返却対応を行います。

・古くなっている本の修繕を行い、廃棄処分となるものはリストにします。

・利用者の方の本を探すお手伝いなども、同時進行で行います。

 

12時〜13時

・お昼休憩をとります

 

13時〜

・午前同様、利用者の方へのサービスを行ってきます。

・会議などがある場合には参加し、新しい本の購入などについて検討します。

・午後はイベントなどが組まれていることが多いので、イベントなどがあれば参加します。

・こども達にイベントの感想などを聞き、今後の参考にします。

・閉館に向け、本を整理整頓していきます。

・閉館したら、掃除を行い、残っている事務作業などを行います。

・大きな図書館であれば、掃除などにかなりの時間がかかる場合もあります。

 

まとめ

一日の主な流れはこのようになっています。

 

あまりのんびりとしている暇はなく、常にカウンター業務や、利用者の方のお手伝いをしているというイメージです。

 

大きな図書館であれば、1階から2階へと走り回らなくてはならないこともあり、一日の間に多くの体力を消耗することもあります。

 

利用者の方からの要望などにも応えられるように、任された仕事だけではなく、自分から視野を広げて仕事を行っていくことが大切になります。