司書補

司書補とは

図書館で働く専門職員の中には、「司書」以外に「司書補」という人達がいます。図書館内での司書補の主な仕事は、司書の「補助的役割」と位置づけられていますが、実際におこなう仕事はほとんど変わりありません。

 

「看護師」に例えて言うならば、「看護師」と「准看護師」のようなものです。

 

業務内容はほぼ変わりませんが、呼び方や持っている資格に違いがあるのです。

 

司書の資格を取得するためには、大学または短期大学で指定された単位を履修する必要があるのに対して、司書補は中学または高校・専門学校を卒業していれば、資格を取ることができます。

 

また司書補が司書になるためには、3年以上図書館で勤務したのちに、司書講習を修了すれば、晴れて資格を取得することができます。

 

司書補の求人状況と勤務先

 

司書補は国が定める「図書館法」に基づき、公共図書館で働くことになります。司書と同様、司書補が公共図書館で働く場合には、各地方自治体が実施する採用試験に合格しなければなりません。

 

しかし自治体が、図書館職員を募集している場合でも、採用条件として司書資格を設定するケースが非常に多いのが現状です。そういった場合、司書補の資格だけでは試験すら受けることができません。

 

また仮に、司書補を募集している場合でも、司書資格を持った人と同じ採用枠で試験を行うケースも多いので、司書補の資格だけでは、正職員として公共図書館で働くのは難しいといえるでしょう。

 

このようなことから、3年以上図書館で司書補として勤務したのちに、司書になる人はごく少数です。中学・高校を卒業したのちに図書館に勤務したいと考えるのであれば、通信教育などで必要な単位を履修し、司書講習を受けるほうが、問題も少なく、より短い期間で司書資格を取ることができるのです。