司書教諭

司書教諭とは

司書教諭とは、学校で教諭の仕事と兼任しながら、学校図書館の専門職員として働く人をいいます。教諭という名称どおり先生であり、教員免許と司書教諭資格の2つが必要となります。

 

現在、小中学校の司書教諭は手探りで学校図書館活動のありかたや、司書教諭の役割について模索している状況だといえます。

 

各学校に司書教諭が配置されている背景には、子供たちの活字ばなれ、読書ばなれに対処するためです。

 

これは新しい教育カリキュラムの導入によって、これまでの学習プログラムや教育方針が変化し、生徒の生きる力を育むことが学校教育の目的となったためだといえるでしょう。

 

知識の詰めこみ教育を見直し、生徒がみずから学ぶ力を身につけ、問題解決の力を育むような学習を推進することになったのです。

 

このような学習を推進するために「総合的な学習」の授業が設けられるようになりました。この授業の狙いは、生徒みずからが情報を収集し、それをまとめ、その成果の報告・発表に至るまでの経緯を重視し、物事を考える力を取得することを目的としています。

 

学校図書館はこの「総合的な学習」の学びの場として、欠かせない存在となっているのです。

 

ですから司書教諭にとって読書指導はもちろん、それ以外にも図書館や本を使って授業ができるような体制を整え、子供たちが自主的に情報を集めたり、調べ方を学んだりするよう指導をおこなっていくことが大切な仕事になります。